wordmove(ftp)が出来ないとき

現在、Dcoker / k8s / CircleCI(Capistrano) / github の時代ですが、1人開発の場合、wordmoveとても便利ですよね。MacのローカルでVCCW3でwordmove(ftp)を設定中の方から「出来ない」ということでレスキュー依頼を頂きました。尚、この記事はSSHによるwordmoveには該当しません。

結論、リモートホスト(この時はおそらくレンタル共有サーバー)に対するlftpのSSL証明証の正当性認証でエラーが出ていたためでした。

ftpによるwordmoveでwordmove pull -all やwordmove push -d などのwordmoveコマンドを打つと、以下の様にリモートホストで SSL証明証の正当性認証のエラーが出てコケます。VCCW3でftpのwordmoveを使う場合、ローカルVCCW3サーバーにroot権限でlftpをインストールしておかないといけないのですが、productionサーバーのワードプレスがSSLでないhttpの場合、lftpの SSL証明証の正当性認証 を無効にする必要があります。

Fatal error: Certificate verification: certificate common name doesn't match requested host name ‘test.com’

そのため、ローカルサーバーのlftpのSSL証明証の正当性認証を以下のコマンドで無効化します。

set ssl:verify-certificate no

もしくは、vagrantディレクトリ直下に .lftprc ファイルを置き以下の様に記載し、 SSL証明証の正当性認証を無効化します。root権限で行いました。

set ftp:ssl-auth TLS
set ftp:ssl-force true
set ftp:ssl-allow yes
set ftp:ssl-protect-list yes
set ftp:ssl-protect-data yes
set ftp:ssl-protect-fxp yes
set ssl:verify-certificate no

lftpのインストールや操作は、VCCW3ではroot権限で行いました。

WordPress/kusanagi/Azure/AWS/kintoneの開発運用相談