Lenovo H520s CPU交換について

デフォルトのCPUは、Intel Pentium G2030です。コア数2、スレッド数2です。新しく載せ替える core i7 3770はコア数4、スレッド数8です。マザーボードはH520sデフォルトそのままです。Windows系OSは、『コア数が1個のCPU』と『コア数が2個以上のCPU』という2種類でCPUを区別しています。ただし、交換直後の初回起動は、ハードウェアの変更(コア数が増えたこと)をOSが読み込むため少し起動時間が必要になり、黒背景でLenovoロゴの初期画面表示のBIOS確認中の画面が長かったと思います。

起動後は、Windowsの設定➞共有エクスペリエンス➞アカウント、にてアカウントの修正が必要とのことで、PINコードの認証をやり直して問題なく使えます。

強いて言えば、CPUグリスが乾きまくっていたので、その意味でもCPU交換を行ってよかったと思います。CPUグリスは絶縁タイプの以下のものを使っています。

CPUグリース MX-4 熱伝導性に優れたシリコングリス 絶縁タイプ セット ヘラ 指サック付き(4g) [並行輸入品]

CPUグリース MX-4 熱伝導性に優れたシリコングリス 絶縁タイプ セット ヘラ 指サック付き(4g) [並行輸入品]

Intel CPU Core i7 3770 3.4GHz 8M LGA1155 Ivy Bridge BX80637I73770【BOX】

Intel CPU Core i7 3770 3.4GHz 8M LGA1155 Ivy Bridge BX80637I73770【BOX】

今後は、マザーボードと電源も交換し、可能な限り拡張していく予定です。H520sのUSB2.0を脱出したいです。