WEB制作後、約10ヶ月で検索順1位になりました!

ミスティ検索ランキング

検索順位1位獲得!

クラブ ミスティ様より、昨日、ご連絡をいただきました!

検索1位
htmlのソースコード内部対策を大阪のクラブ ミスティ様のWEB制作時に基本に忠実に行いました。

制作後3か月程度(2015年2~3月頃)でグーグルにインデックス(登録)された時は、既にWEBサイトを持っている競合店があり5位から10位くらいでした。

MISTYのWEB担当者さん(WEB担さん)がWEB素人状態からSEOを必死に勉強され、1位まで上り詰められました。私もWEB業界の人間として負けられません。

WEB担さんがSEO研究の途中、よくわからない事についてアドバイスをさせてもらっておりました。

無料でずっと質問をされ続ける為、一時期、WEB担さんを冷たくあしらっていました、すみませんでした!

SEO向けのWEBパーツ追加実装等のご依頼も頂きながら、常に検索順位の調査も継続させていただき、じわじわ上がる順位をずっと見ていました。

弊社で制作したWEBサイトなので、どの様な施策をWEB担さんが研究を重ねて行い、結果を出してきているのか?良くわかります。

昨今、コンテンツマーケティング/バズマーケティング/ヒートマップ解析(WEBサイト訪問者のサイト内の行動履歴解析)/マーケティングオートメーションなど、多種多様なWEBマーケティングがあり、どれも非常に作業量が多く、人件費や手間がかかるものです。

記事投下継続ではなく、SEO技術で1位

手間をなるべく抑えるための地道なSEO対策も、まだ捨てたもんじゃないです。『記事数、文字ボリューム、継続制』の過当肉弾戦となりつつあるコンテンツマーケティングという流行に流されず、地道にSEO研究を行った結果文字量の勝負ではなく、SEO技術勝ちにたどり着きました。

「競合企業のWEBサイトより内容の濃い記事を高頻度に新鮮に魅せられる様に書き続けろ!すべての要素で絶対に負けるな!根性&持久戦だ!技術じゃないから出来るだろ!死んでも記事だけは書け!、通常業務もやれ!」など、文字量勝負の過酷な肉弾戦WEB集客ではないという事実が大切です。

研究継続のモチベーション対策は大切

来店型ビジネスの場合、検索からたどり着いて来店される顧客の方々をグーグルアナリティクスのページビュー(訪問数)の数字以上に直接実感して頂きやすく、WEB担さんがモチベーションを髙く維持しやすい環境である事も、モチベーションを維持しやすい大切な要素です。

数字と実店舗の来客の両方で、ほんの少しでも効果があれば実感できる事は大切です。

数字的な目標設定も「簡単に沢山クリアできるもの」と「ハードルの高いもの」の2つくらいから始められることをお勧めします。

WEB担さんの『勉強熱心さ』は素人スタートであっても成功のカギを握る!と改めて弊社も痛感させていただきました!

大手など競合が多くて強いフィールドを選ぶとSEO技術だけでは勝てない

業界の大手企業が思いっきりWEBマーケティング予算を投下している様なフィールドでは予算も含めて勝てません。

全てのケースで当てはまるとは限りませんが、中小零細企業はWEB集客に力を入れられていない企業がまだまだ多い為、検索順位で後から逆転する事は可能な場合も多いです。

ご承知の通りですが、1位を取ると集客力が全く変わります。

事前に競合調査を行い、1位を取るフィールドをしっかり見極める事がまずは大切です。

WEB制作/集客に手を出せずに悩んでいる!という様な方もお気軽にご相談ください。

2016/10/11(火)、「フィリピンパブ 大阪」でグーグル検索1位継続中

順位の継続性は大切です。定期的にチェックをしています。

気になる方は、グーグル検索をしてみてください。

コメントを残す