【サーバー引越+ドメイン変更】お取引の際に必要なアカウント関連と金額について

ワードプレスのサーバー引越+ドメイン変更で最低限必要なアカウントや情報は次の通りです。

  • 引越前のサーバー会社のログインアカウント
  • 引越前のサーバー会社と契約しているサーバープランの正式名称
  • 引越後のサーバー会社のログインアカウント
  • 引越後のサーバー会社と契約しているサーバープランの正式名称
  • 現在(旧)ドメイン会社のログインアカウント
  • 新ドメインを取得したドメイン会社のログインアカウント
  • 変更後の新しいドメイン名
  • ワードプレスのダッシュボードログインURL
  • ワードプレスのダッシュボードログインアカウント
  • FTPアカウント(ホスト名、ユーザー名、パスワード)
  • SSH接続アカウント(ホスト名、ポート番号、ユーザー名、パスフレーズ、秘密鍵。※一般ユーザーとrootユーザー )
  • 既存ワードプレスのDB(データベース)アカウント(DBホスト名、ポート番号、ユーザー名、パスワード)

※SSHやFTPがよくわからないという場合、弊社でアカウントを再発行させていただき、その発行したアカウントをお渡しさせていただきます。その分、コミュニケーション料金やデイレクション料金は増えますので、ご了承ください。

 

サーバー引越

引越基本料金(サーバー会社によって操作に必要な時間が異なります)+WEBサイトページ数/データベース容量+SSL対応費となります。

WEBサイトの規模が大きくなっていたり、カスタマイズや運用を積み重ねているWEBサイトほど、引越作業内容が複雑になり、検証などの作業時間が長くなりますので、料金はその時間に比例してます。

ドメイン移管・移譲作業

トランスファーコードを使ったドメイン移管・移譲作業のサポートについては、サポートに必要なコミュニケーション時間が長くなりやすいため、2万5000円となります。ドメイン会社やサーバー会社の説明書きをご自身で読んで行っていただいた方がお得です。

ドメイン会社とサーバー会社の組み合わせ、Whoisの所有権、CDN利用の有無などにより料金が異なります。

ドメイン取得後の経過日数が60日未満であったり、ドメイン契約期限7日以内であったり、Whoisの所有権状況やドメイン会社によるレジストラロックによってドメイン権利の移転が出来ない場合などがあります。

ドメイン移転できない事が発覚した場合でも、弊社の労働作業料金請求は発生します。

メール関連

MXレコードやSPFレコードを伴うDNSレコードによる設定なども承ります。発行したいメールアカウント名をご教示ください。

環境にもよりますが、メールアカウント1つ発行につき税別2500円~税別7500円程度です。

メールソフト設定のスカイプ説明は税別1分100円です。

SNS連携やログイン認証などで必要な情報

SNSやログイン認証まわりの開発を行う場合などに次の情報をいただく必要があります。2016年より、グーグルアカウントが無いと、グーグルマップは使えなくなりましたのでご注意ください。各種アカウント取得やFBページ制作などは別見積となります。

  • WordPress.orgのアカウント(スパム対策プラグインAkismetに必要)
  • Facebookアカウント(jetpackプラグイン等で連携している方)
  • ツイッターアカウント(jetpackプラグイン等で連携している方)
  • グーグルアカウント(グ-グルマップを使っている場合2016年後半あたり以降から必須となりました)
  • インスタグラムアカウント(プラグインを使う時に必要)

素材やバックアップデータの保管方針

クライアント様も弊社もパソコンを買い替えても、スマホを変えても、タブレットを変えても、プロジェクトの素材やバックアップデータをクラウドにセキュリティ高く、ずっと共有保管しておけることが理想だと考えています。無料のワンドライブやグーグルドライブやドロプボックスから、弊社にてクラウド上のファイルサーバー構築までご対応可能です。必要なデータを必要な時にプロジェクトチームの誰もが3秒で取り出せる!データまわりの利便性は非常に大切です。そのためにはクライアント様とのルール共有が大切です。