ネットショップ商品データ登録

ネットショップ商品登録、楽天RMSとヤフーストアクリエイターPro、育児中ママさんによる商品登録代行です。

御社流の登録手順や方法の確認/登録手順マニュアル制作/1件登録時間の検証作業/キーパンチスタッフ教育など、1案件につきイニシャルの導入コスト税別5万円~となります。

コンテンツリソース調達方法、登録項目数、画像数等によって1件の作業時間が異なり、日本国内の平均時給に応じて請負単価が異なります。

時給1000円~時給1500円として、1時間で何件程度こなせるか?の検証により単価が変わります。

月20商品だけなど、不採算案件はお受けしておりません。

RMS楽天市場 商品登録作業手入力 見積事例

1商品(12項目)につき税別250円。登録項目の数・テキストデータのボリューム・画像データの数/容量などにより金額は異なります。

  1. 商品管理番号(商品URL)
  2. 商品番号
  3. 商品名
  4. PC用キャッチコピー
  5. モバイル用キャッチコピー
  6. 販売価格
  7. PC用商品説明文(テキストのみ)
  8. モバイル用商品説明文(テキストのみ)
  9. スマートフォン用商品説明文(テキストのみ)
  10. 商品画像1枚のみ
  11. 全商品ディレクトリID
  12. 表示先カテゴリ(1件のみ)

品質チェック体制

作業マニュアル(要ヒアリング)を作ります。
毎回の登録作業終了直後にエクセル等の商品リストへ日付と作業者名を入力し、作業終了報告により管理。
担当マネージャーによる目視のWEBページチェックを行っております。1ヶ月のチェック頻度により受注金額が異なります。

メリット

キャッチコピー・商品説明・商品画像等のデータをまとめて用意出来ないショップさんが価格と商品名のリストだけで商品登録の外注依頼を出来ます(※商品のメーカーサイトから画像やテキストをコピーする許可を別途取得していただく必要が有ります)。商品登録でパートさんを御社自社育成する手間を省きます!外注で商品登録を行う事で仕事が無くなった時のことを考える必要が無くなります。マニュアルを制作し作業品質を均一に保っています。

デメリット

「ショップのトップページ」「セール向け特集ページ」「カテゴリページ」「商品個別ページ」「バナーや商品の画像制作」などの細かいデザインの作りこみは別料金となります。

RMS楽天市場⇒ヤフーストアクリエイターPro CSVによるテキストデータ移管 見積事例

商品1件税別100円

CSVによるショップ間の商品データ移管作業は、Vlookup関数(項目紐付け)やマクロにて対応しております。RMSとストアクリエイターPro間のマクロ開発は、かなり煩雑です。

メリット

商品の画像データとテキストデータの登録/販売管理を各モールに対して効率的に管理するシステムを導入すると毎月の固定費増となりますが必要な時だけ外注にする事で費用を抑えられます。

デメリット

RMS楽天市場とヤフーストアクリエイターProにおいてカテゴリ分類等データベース設計の時点から相違が大きい。ヤフーの文字数制限が厳しく移管テキストが途中で切れてしまう。その為、データ移管作業の途中に手作業で修正が必要です。CSVはテキストデータのみの移管です。

楽天RMS商品画像をまとめてダウンロード

CSVとダウンローダー雨を使います。ヤフーストアクリエイターProやカラーミーなどへのアップロードについて、手作業の費用が発生します。

ヤフーストアクリエイターPro 商品画像のみ登録作業 見積事例

ヤフーストアクリエイターPro基本情報の商品画像 1枚税別50円

画像はWEB上で許可済メーカー等から収集。

その他ECサイトやCMSについて

アマゾン、MakeShop、カラーミー、EC-CUBE、CS-CART、Magentoなどについてもご相談ください。

モール各社やCMSのAPI利用によるシステムの開発

細かいものでは、売れ筋商品ランキングなどの商品販売向けのAPI利用によるシステム開発についても承ります。複数ショップ間の受注/商品管理向けの統合システム開発等についても承ります。

セキュリティ等作業環境パソコン基準

  • Windows10以上 Defender
  • KINGSOFT INTERNET SECURITY or AVAST
  • キャッシュ/クッキー自動削除(‎Chrome Click&Clean)

有料ソフトを希望されます場合、実費請求となります。

ママさんの作業環境として、家族で1台のパソコンを共有しているケースはお断りしています。

ルール以上のセキュリティ対策は出来ませんが、現実的に可能なレベルの要望であれば追加相談承ります。