ストアクリエイターProやRMSのiframe設置で気をつけるべきこと!

以下2点、ストアクリエイターProや楽天RMSでjQueryスライダーやiframeの設置で気をつけるべき点です。

楽天ゴールドやヤフーストアクリエイターProのトリプルなど、後付けサーバー拡張でも気を付ける必要があります。

aタグにはtarget属性で_blank(ブラウザの別タブで開く)や_parent(親フレームに表示)で設定/調整

a(アンカーリンク)タグには、target属性をつけて、属性の中身を適切に設定しないと、リンク先でおかしくなります。

ググっても意外と記事少ないです。

難しくはないですが、知らなかったりすると、対処方法がわからなくてハマって解決できない人も居るかも知れません。

以下の様にtarget=”_blank” もしくは target=”_parent” あたりのどちらかでうまく出来る方を使ってください。classやidも書きましたので、css装飾やjavascript/jQueryでエフェクトを付ける場合はご利用ください。

※その他に、 _self や _top もありますが、あまり使う事は無いと思います。

RMSではプレビュー画面でiframeのプレビューを見られない

ストアクリエイターProはiframeをプレビュー画面でトリプルに設置したパーツの出来栄えの確認を出来ますが、可能htmlタグにiframe入れてるのに、公言してるのにRMSはプレビューで見られない。

迷惑!仕事が止まる!

先が読めなくなるので非常に困る!改善して欲しい。実装出来ない場合を覚悟でプレビューの先に進んだら、無事に出来ていました。

クリックジャッキング対策でHTTPレスポンスヘッダにX-Frame-Optionsなどのあたりをやってるのかもしれないけど、もし、それならばきちんと顧客に伝えるべき・・・。

IE7ならプレビュー出来るかもしれませんが、セキュリティ的に非推奨ですのでIEをダウングレードして検証する事はしない様にしてください。

なるべく成功度を上げるために、他のショップを探してiframe部分のソースコード確認しました。トップページをまるごと楽天ゴールドの領域に制作しているショップも結構あるため、その場合は参考にならないです。

RMS元来のトップページにiframeでゴールドを表示させているものを探す必要があります。

ググっても記事が見つからなかった。もう少しで楽天RMSに聞くところでした。

コメントを残す