ネットショップCMSを選んでもらうときに伝えた事

EC-CUBE

-バージョン2系(カスタマイズ性:良。デフォルトデザインがイマイチ。テンプレート購入でカバー可能)3.0系よりもEOLが長い。
-バージョン3.0系(カスタマイズ性:難。デフォルトデザインが良)
-バージョン3.1系(2019年におそらくリリース カスタマイズ性:3.0系よりも良になる様です)

EC-CUBEは導入可能な決済種類が豊富!

不特定多数の出品店であるモール型までは対応していない。

基本的に注文を取るだけ。物流管理や在庫管理等は他のシステムが必要。

CS-CART

デフォルトのデザインが良い。カスタマイズ性は不明。

WordPress

-CMSバージョン管理が行いやすい
-WooComerce(カスタマイズ性:良)
-Themeforestに非常に多くの英語のテーマがある
-基本的な設計思想がブログ。

Magento

日本で採用事例が少ない、海外では人気がある。学習コストが高い。
英語得意なエンジニアなら、機能拡張性は高い様な気がする。

保守期限(EOL:EndOfLife)

どの様な開発でも、phpバージョンやphpフレームワークバージョンの保守期限(EOL:EndOfLife)があります。
目安は3年~5年。完璧に守る場合、3~5年毎に新しいショップに作り替えを続ける必要が有る

バージョン管理が必要な箇所

CMS本体
CMSのプラグインなどの付属品
phpバージョン
phpフレームワークバージョン
サーバーのミドルウェア(apache nginx mysqlなど)
サーバーOS

運営人員体制は?

-コンテンツ制作
-商品登録
-マーケティング
-開発エンジニア

セキュリテイ施策は?

OWASPドキュメントを元に行う。開発環境コストやサーバー代やセキュリティツール代をケチらない事、更新を継続する事などが大事。

メンドくさくてアイキャッチ画像無しです。すみません・・・。

ワードプレス/Azure/AWS/kintoneの開発/運用

コメントを残す