CentOS7でLAMP(さくらVPS)

さくらVPSのCentOS7で以下の様なバージョンのLAMPを構築する手順です。独自ドメインを使いたい場合、仮想マシンのプロビジョニング後、IPアドレスが決定したら、浸透時間を考慮して、ネームサーバー設定かDNSレコード編集を作業の一番最初に行うことを強く推奨します。DNSレコードのTTLについて、作業中は最短の60などに変えておき、作業が終わったら3600などに変えます。尚、今回の環境バージョンは以下の通りです。

  • Apache2.4.6
  • MariaDB10.2.22
  • php7.2.15

アップデート

クラウドやVPSのマシンイメージでCentOS7を選択しプロビジョニング、そしてrootユーザーでssh接続の後、アップデートを実行します。以下、基本的には、rootユーザーで実行しています。

Linuxの一般ユーザー作成

Linuxの一般ユーザーを作り、パスワードを設定し、rootユーザーによるログインを禁止します。※セキュリティ性が必要とされる本番環境では、パスワード認証から鍵認証への変更も行います。後日追記します。

一度、ssh接続を終えて、作成した一般ユーザー nissy でssh接続します。

一般ユーザーnissyでssh接続出来たら、rootユーザーに昇格出来ることを確認します。

rootユーザーに昇格したら、以下のコマンドでsshの設定ファイルのバックアップを行います。

sshd_configファイルの編集を行います。行数も表示させます。

49行目あたりを以下のようにアンコメントに変えてyesをnoに書き換えます。そしてsshdを再起動してください。

念のために、rootユーザーでssh接続ログイン出来ないことを確認し、新しく作ったユーザーでsshでパスワードログインしてください。

Apacheインストール

以下コマンドです。途中でインストール確認が出てきますが半角英数 y でEnterでそのまま進んでください。

Apacheデーモンのhttpdを起動します。

Firewallでhttpとhttpsの通信を開けます。ファイヤーウォール再起動します。

httpdの自動起動設定。サーバーが落ちた時や再起動時に自動でapacheが起動するようにします。

ドキュメントルートの所有者、グループ、パーミッションを変更。ユーザーはapache、グループはnissyとしました。

php7.2インストール

EPELリポジトリ、remiリポジトリを取得して、php7.2をインストールします。CentOS7が持つデフォルトのphpリポジトリはphp5.4なので他のリポジトリを使ってphp7.2を連れてきます。尚、さくらVPSについては、EPELが既に入っていますのでご注意下さい。

php7.2インストール(パッケージは適宜必要なものを入れてください)

httpd再起動

php.iniでpost_max_sizeとupload_max_filesizeの上限を引き上げます。※php.iniの場所は、phpinfo();で調べてください。調べ終わったらファイルを削除してください。

httpd再起動

phpが動いていることを確認

この段階で 、以下の様に /var/www/index.phpを作ってホスト名にリクエストを送り、phpが動いていることを確認してください。ブラウザでIPアドレスとホスト名の両方で確認してもいいです。

/var/www/index.phpファイル内にvimで記載。ブラウザでIPアドレスやhostname、初期ドメイン等を叩いて確認してください。終わったらファイルを削除してください。

パーミッション、所有者、グループ設定

MariaDB(MySQL)インストール

以下にてMariaDB最新版リポジトリをインストール。CentOS7標準はMariaDB5系となるため気をつけてください。

MariaDBリポジトリバージョン指定したい場合

MariaDBインストール

MariaDBの自動起動設定と起動を行う

MariaDB(MySQL)初期設定。コマンド実施後、画面指示にしたがってすすめてください。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください