Linux CentOS7 kusanagiのadduserとuseraddコマンドのオプション

以下、Linux CentOS7 kusanagiのadduserとuseraddコマンドのオプションとなります。-g がおそらくグループだろうな?となんとなく予測出来ていても、確認しておきたかったので記載します。kusanagiにrootユーザでログインした状態で確認しました。尚どちらのコマンドでもオプションの違いはありませんでした。

※Linuxのユーザー追加はrootユーザーで行ってください。

adduser


使い方: adduser [オプション] LOGIN
        adduser -D
        adduser -D [オプション]

オプション:
  -b, --base-dir BASE_DIR       新アカウントのホームディクトリの
                                ベースディレクトリ
  -c, --comment COMMENT         新アカウントの GECOS フィールド
  -d, --home-dir HOME_DIR       新アカウントのホームディレクトリ
  -D, --defaults                useradd のデフォルト設定を表示または変更
  -e, --expiredate EXPIRE_DATE  新アカウントの期限切れ日付
  -f, --inactive INACTIVE       新アカウントのパスワード無効化日数
  -g, --gid GROUP               新アカウントの主グループの名前または ID
  -G, --groups GROUPS           新アカウントの補助グループのリスト
  -h, --help                    このヘルプを表示して終了する
  -k, --skel SKEL_DIR           雛型ディレクトリに指定のものを使う
  -K, --key KEY=VALUE           /etc/login.defs のデフォルトより優先される
  -l, --no-log-init             ユーザを lastlog, faillog のデータベースに
                                追加しない
  -m, --create-home             ユーザのホームディレクトリを作成する
  -M, --no-create-home          ユーザのホームディレクトリを作成しない
  -N, --no-user-group           ユーザと同名のグループを作成しない
  -o, --non-unique              UID が同じユーザの作成を許す
  -p, --password PASSWORD       新アカウントの暗号化されたパスワード
  -r, --system                  システムアカウントを作成します
  -R, --root CHROOT_DIR         chroot するディレクトリ
  -s, --shell SHELL             新アカウントのログインシェル
  -u, --uid UID                 新アカウントのユーザ ID
  -U, --user-group              ユーザと同じ名前のグループを作成する
  -Z, --selinux-user SEUSER     SELinux のユーザマッピングに指定した
                                SEUSER を使う

useradd


使い方: useradd [オプション] LOGIN
        useradd -D
        useradd -D [オプション]

オプション:
  -b, --base-dir BASE_DIR       新アカウントのホームディクトリの
                                ベースディレクトリ
  -c, --comment COMMENT         新アカウントの GECOS フィールド
  -d, --home-dir HOME_DIR       新アカウントのホームディレクトリ
  -D, --defaults                useradd のデフォルト設定を表示または変更
  -e, --expiredate EXPIRE_DATE  新アカウントの期限切れ日付
  -f, --inactive INACTIVE       新アカウントのパスワード無効化日数
  -g, --gid GROUP               新アカウントの主グループの名前または ID
  -G, --groups GROUPS           新アカウントの補助グループのリスト
  -h, --help                    このヘルプを表示して終了する
  -k, --skel SKEL_DIR           雛型ディレクトリに指定のものを使う
  -K, --key KEY=VALUE           /etc/login.defs のデフォルトより優先される
  -l, --no-log-init             ユーザを lastlog, faillog のデータベースに
                                追加しない
  -m, --create-home             ユーザのホームディレクトリを作成する
  -M, --no-create-home          ユーザのホームディレクトリを作成しない
  -N, --no-user-group           ユーザと同名のグループを作成しない
  -o, --non-unique              UID が同じユーザの作成を許す
  -p, --password PASSWORD       新アカウントの暗号化されたパスワード
  -r, --system                  システムアカウントを作成します
  -R, --root CHROOT_DIR         chroot するディレクトリ
  -s, --shell SHELL             新アカウントのログインシェル
  -u, --uid UID                 新アカウントのユーザ ID
  -U, --user-group              ユーザと同じ名前のグループを作成する
  -Z, --selinux-user SEUSER     SELinux のユーザマッピングに指定した
                                SEUSER を使う

WordPress/kusanagi/Azure/AWS/kintoneの開発運用相談