Dockerネットワークコマンドたち

docker images list(イメージ確認)とdocker ps -a(稼働中コンテナ確認)からrmで整理整頓は結構やります。でも、docker networkは忘れがちなので書いておきます。イメージとコンテナーを消して、謎のネットワークが残っていることが結構あります。

Dockerネットワーク一覧確認コマンド

Dockerネットワーク削除コマンド

Dockerのネットワークをつくる

以下のコマンドでつくるautoなので内容

docker-compose.ymlでserviceの中で読み込まないといけないので要注意。

Dockerの1つのネットワークを確認する

Dockerの未使用ネットワークを削除

docker使う時の注意点

仮想化基盤上のLinuxではないのでdockerコンテナは必要最低限のインストール状態となっています。
デフォルトのDockerコンテナでは、コンテナとローカルの共有ディレクトリ設定もなく、php.iniなども無いです。そのため、画像ファイルの容量上限や実行時間のmax_execution_time制限などでメディア画像アップロードが出来ず、開発を進められなくなる事がありました(ブラウザを変えたらあっさり出来る場合もあります)。最初からdocker-compose.yml、Dockerfile(Ansible、Terraform)などを使い、共有ディレクトリでミドルウェア系の細かい設定が出来る様にプロビジョニングしておくと便利。docker-composeはバージョンにより文法等が異なります。 https://docs.docker.com/compose/compose-file/ にて確認してください。また、コンテナの中に入る(アタッチと言います)コマンドは次の通りですが、Dockerコンテナプロビジョニング時に設定していないとコンテナに入った後、vimが無いので以下の様にインストールが必要です。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください