やっときた!グーグルのモバイルフレンドリー(レスポンシブWEBデザイン)判定宣言!

ニシインターナショナル モバイルフレンドリー テスト

ニシインターナショナル モバイルフレンドリー テスト

やっときました!

グーグルの検索アルゴリズムの中にレスポンシブWEBデザインのWEBサイトで『ある』or『ない』? という結果判定が検索に影響していきます。

スマホの方は、上記/下記のjpg画像をクリックした後、画面を拡大してご確認ください!

御社のWEBサイトもこちらで判定できます!
https://www.google.com/webmasters/tools/mobile-friendly/

ちなみに弊社の464-24.comは判定OKでした!

モバイルフレンドリーにもいくつかのポイントがあります。PC/タブレット/スマホ の3種類に分類され、さらにその3種類がデバイスサイズ別に分かれます。シンプルな表現をすると、1つのトップページですが、3種の異なるデザインで作り直すというのがレスポンシブWEBデザインです。コスト的な負担は避けられませんが、このデバイス別サイズの境界ライン設定が非常に難しく、パーフェクトな100点満点を目指す事は、非常に困難です。

特にスマートフォンについては、目まぐるしく新機種が開発され、画面サイズも世界中にあるスマホの種類と同じ数だけ存在します。その為、主流デバイスの『操作画面サイズ』についてはよく調べてから制作会社に依頼すると後々のトラブルを防ぎやすくなります。

モバイルフレンドリー出来てますか?

一部上場企業で、最近リリースしたばかりのWEBサービスなのに、モバイルアンフレンドリーだったリすると、その時点でサービス提供側の多大な勉強不足感と将来大丈夫?と感じてしまいます。仮にもそのWEBサービスを利用する側になろう!と思う気持ちは半減します。

尚、今回はおそらく、PC/スマホまでの判定でタブレットは入っていない様です。

↓ご参考(レスポンシブWEBデザイン非対応WEBサイト)

非レスポンシブWEBデザイン

非レスポンシブWEBデザイン

また、『グーグルの検索システムの仕組み』についても準備しています。乞うご期待ください!

コメントを残す