Facebookグループの集客力は放置が最強

弊社では、過去に中古車輸出事業を行っておりました。

集客向けに『We are looking for Japanese Used Cars』という日本の中古車に興味を持つ海外の方をターゲットとしたフェイスブックグループをザンビア大学の先生と一緒に立ちあげました。2013年9月頃です。

ザンビア内の創業や経済の活性化について、日々邁進されている白い歯と笑顔が素敵な先生です、笑!

実は、昔の弊社のお客さんです!トヨタのノアをザンビア大学までお送りさせていただきました。

お金を払って集客しない場合、フェイスブックは利用者に厳しい

当時、とにかく先生の知人と私の知人をフェイスブック内でずっと招待していました。

グループ開設後、個人の招待人数が1週間も経たない内に100人程度を過ぎたころ、フェイスブックから警告をもらい、しばらく招待禁止になってしまいました。

フェイスブックグループ放置の集客力は素晴らしい

グループのネーミングがわかりやすいこともあり、放置していても自然に「グループ参加リクエスト」が世界中からずっと継続して届いています。

フェイスブックグループは凄いですね。

『We are looking for Japanese Used Cars』の場合は、フェイスブックから警告を受けてしまったので、150~200名を突破した後は完全に放置しています。

以降、知人の招待は一切行っていません。

今でも参加リクエストを頂き続けています。

中古車輸出をされている企業や個人の方で、とても上手にフェイスブックを使っているところもあります。

いくつも作って放置して、芽が出たものだけ、有効活用していくといいと思います。

4年放置でグループ200名⇒約600名!放置でグループ人数3倍!

放置です。

若干うそをつきました、笑。

クルマにあまりにも無関係過ぎる広告を出していたり、スパム的なフェイスブック投稿などを手動で削除しています。

 

クルマや輸出に関連さえしていれば、Ro-Ro booking、inspection、land transport、insurance、payment、etc、についてなどは削除していません。

気付いた時に削除していますが、1年間で2時間に満たない無いくらいの作業量です。

全く関係ない商品の営業については、削除。いかがわしい投稿についてはフェイスブックに通報しています。

参考までにグループ人数は、2017年10月31日、現在、589名です。増え続けています。

放置で、同じ目的の世界中の人達が集まるコミュニテイが出来ています。

成長に必要なのは、放置、笑!

素晴らしいです。

「グループの写真」をシンプルで理解してもらいやすいものに変えた

グループの人数増加ペースがアップしました。

「グループの写真」がわかりやすい!という点は大切です。

グループ開設者本人で投稿しなくても、グループ参加者が投稿し続けてくれています

グループ開設者として、次の様なルールをフェイスブックで最上部に常に表示されるようにしています。

facebook group!! We are looking for Japanese Used Cars

英語の内容は以下の様な感じです。

  • あなたはどんな車を探していますか?
  • どこの国で使うのですか?
  • 気軽に書いてください。
  • お友達をこのグループに招待してください。
  • 友達が増えるほど、クルマのディーラーからの宣伝も増えます。
  • カーディーラーの方は、皆さんにクルマのスペックについて、メーカーや排気量など色々なことを返事をしてください。

ルールはこれだけです。

勝手にグループのコンテンツがまわっている状態です。コストも必要なく、非常に楽です。

フェイスブックグループの問題は、ありきたりですが「問合せの質」です。

グループ内にペルソナ(ターゲット)を構築してストーリー展開する事について、アフィリエイターの方などは向いていると思います。

是非、御社のビジネスにうまくフェイスブックグループを活用してみてください。

注意点

フェイスブックで個人アカウント新設、その中でフェイスブックページの新設を行って、即放置すると2~3ヶ月でフェイスブックから警告が届きます。

フェイスブックグループ放置警告メッセージ

おそらく、『We are looking for Japanese Used Cars』の様に自走しているグループは放置しても大丈夫ですが、自走できるまでに至っていない動きが無いフェイスブックページは無駄なのでサーバー負荷を減らすために消す、という事をフェイスブックが行っているのだと思います。初期のスタートダッシュを行って自走するところまで、は労力が必要です。

海外向けWEB集客マーケティングを出来る国内WEBマーケ会社は希少

弊社は中古車輸出経験を活かして、中古車検索WEBシステム販売/継続運営サポートやWEB集客マーケティングサポートを行っております。

海外向けWEB集客マーケティングを出来る国内WEBマーケ会社は非常に希少です。それだけ難しいという事です。

クラウド、セキュリティ、インコターム、海外文化、言語、など海外向けWEBシステム開発は大変です。

システム運用開始後は、永続的な二次開発/運用費がオーナー企業に求められます。

国内/海外のWEBマーケ会社と契約するか、最善策は自社マーケチーム内製化です。

BeFowardの真似は、簡単に出来る事ではないです。

グローバルトップベンダーが既に君臨している以上、同じ道は目指すべきではないと弊社も考えます。

競合と身を切りあう価格競争が熾烈な中古車輸出ポータルサイトではなく、単体企業として自社WEBクルマ販売を支援するのが弊社スタンスです。