独自ドメインのワードプレスブログは医療クリニック開業前の最適な集患ツール

WEBと医師個人ブランディングブログ

ドクター江部の糖尿病徒然日記。

江部先生はFC2ブログを使われていますね!独自ドメインでご自身のブログサイトに変更すれば、『ブランディング効果』がもっと上がります!勝手な事を言って本当にすみません。既に十分すぎるくらい価値が高いブログです。FC2に大きなアクセス流入をもたらしてくれていると思います。ブランディング効果がなぜもっと上がるのか?理由を以下に書きました。医療機関の理事長先生、院長先生、事務長さん、開業したい先生が読まれますとメリットがあると思います。執筆されていらっしゃる江部先生には、お会いさせていただいた事はありませんが、医師ブランディングという次元ではなく、医療の発展や患者さんへの助言など必要に駆られてもっと実用的な目的が大きいと思います。おそらくメールで突然の相談を受けられる事なども多々あると思います。これだけの『質』と『専門性』と『思い』と『量』の地道な記事の積み重ねは、簡単に出来るものではないからです。人類の財産ですね。

※この写真は江部先生ではありません、挿絵です。

グーグル検索順位の成績評価について

FC2ブログを土俵にする事で、グーグルの検索エンジンから見るとトップレベルドメインのfc2.comという大きなWEBサイトの中の一部に、サブドメインとしてkoujiebe.blog95.fc2.comがあると見えてしまいます。集合団地の中の1部屋です。大元となるFC2は、「FC2 -無料ブログ 無料動画 無料ホームページ レンタルサーバー 無料アクセス解析 SEO対策ツールなど」という看板のWEBサイト(団地)でありkoujiebe.blog95.fc2.comの「ドクター江部の糖尿病徒然日記」は団地の中の1部屋のとして埋もれてしまいます。検索エンジンにとって、FC2というWEBサイトは何の為のホームページなのか?検索順位を決めるための成績評価をする時に、専門分野の選別や検索順位決めがやりにくくなってしまいます。

グーグルの検索エンジンが評価をしやすい様にする

専門性や独自性が高い知見の記事こそ『1WEBサイト=1専門性=1教科書』を独自ドメインで自分のオリジナルWEBサイトで実現する事が望ましいです。集合団地ではなく、独自ドメインで完全に専門特化した自社ビルにする事で、グーグルの検索エンジンから見ても、糖尿病についての専門WEBサイトだ!と簡単に判断できるようなり、専門分野別けや成績の点数付けがしやすくなります。ヤフーのトップページがジャンル分けされているのと同じように、グーグルも自分たちのデータベースにジャンル分けして検索順位の成績表をずっと運営しています。検索順位のアルゴリズムは、人類にとってより良い記事(情報)を、より多く、より早く、スマホで見る人に読みやすく、わかりやすく運営している様なWEBサイトを優先する様に毎日成長を続けています。

スパムサイトといわれるコンテンツ(記事)の質が低いサイトとグーグルが昔からずっとイタチごっこの排除合戦をしているのはこのあたりの理由によります。つまり、独自ドメインで、医療に特化して、病と闘う患者さんに有益な記事をわかりやすく書いた人類の為になるブログは、グーグルのアルゴリズムの目指す部分にマッチします。

2016年以降、グーグルはセキュリティやブログ運営者の偽装対策などの為に、SSL暗号化を採用したhttpsのホームページを検索順位で優先するという動きも公になりました。検索アルゴリズムがそのように改定されてきています。

医師のキャリア/開業/個人ブランディングと医師の向上心

平成16年(2004年)の臨床研修制度の改定により医局が弱体化し、個人医師のブランディング=増患 の構図でインターネットはさらに重要な役割を果たすようになりました。元来、口コミや地域性が強い分野と思いますが、インターネットの力も侮れません。 個人医師のブランディングを自ら行っている医師を採用する事はプラスになります。自らブログで発信している分、ネット上のリスクを知っているので意識が高く、素行の善良度が嫌でも磨かれます。いかにして個人をインターネット上に出さない様にして進む事を考えている場合とは意識の持ち方が異なります。 個人医師が将来の開業に向けて、自己ブランディングを開業の数年前からブログで行うという事が日本ではあまり定着していません。2年間の初期研修スーパーローテートの医療機関を出身大学とは関係なく自由に選択でき、落下傘開業の競争激化、など医局ブランドに頼らない自己ブランディングが開業希望のドクターに求められる時代です。 開業立地について、医師会A会員となり(結構、費用が必要ですよね。)、隣院からの距離など開業立地規制が厳しくない医師会(増えていると思います)であれば、結構近い距離で同科目のクリニックや医療モールが出来る!なんてこともあると思います。

臨床研修制度の改定と医局の件について、医療関係者ではない一般の方はドクターXのドラマがわかりやすいと思います。やや過激ですが、米倉涼子さんがセクシー美人超強気外科女医さんを演じられています。致しません!笑!なんとなく、外科医有森冴子まで思い出します!笑!

医師の個人ブランディングブログ構築/運営について

独自ドメインの医師ブログ構築/運営はそれなりに『根気/労力/お金/時間』も持続的に必要です。診療業務の傍ら、ブログを運営される先生はなかなか忙しそうです。でも、充実されていると思います。リア充です!理由としては、やはり専門性が高いので、コンテンツ(記事の執筆)制作を医師が自分で行わなければならない事です。覚悟が必要です。飲食店の口コミ評判のポータルサイトなど、女子大生の期間限定アルバイトを雇用して人海戦術で大量の取材と記事を書くという事が出来ない専門性が高い分野なので、外注が出来無い為です。医師の執筆負担が大きいです。学会発表のプレゼンテーション制作よりも素人にわかりやすく、常識感高く、人間味を織り交ぜて、親近感を持ってもらえるように書き続けるのは、お察しの通り、超大変です。そして、体調不良で困っている人に対しては超貴重な情報です。

ブログ内で科目別にカテゴリを作り、科目毎に担当著者を分業し、ブログ内で総合病院のような著者チームを作られるといいと思います。ある先生が分業されているのを見て気付きました。その様な医師チームで運営するブログシステムの制作についても弊社にて可能です。都会では1つのビルを多くの科目で医療ビル化したり、地方では広大な敷地に多くの科目のクリニックで平面的な医療パークを作る様な事があると思いますが、それをWEB上で行うイメージです。WEB上の総合クリニック/診療所です。角度の高い患者さんがWEBサイトを見て、知りたい事を確認した後、納得出来れば現実の来患に結びつきます。クリニックもスマホで指一本で選ばれる時代です。開業時の集患対策として、独自ドメインのワードプレスで記事を積み重ねてきた医療ブログは、ネット上で患者さんが知りたい事に対して静かにいつでも寄り添う感じです。

『総合病院クラスの大病院』や『複数の医療機関を持つ大きな医療法人』を除いて、クリニック/診療所のブログやインターネットの活用では、眼科クリニックや美容形成外科クリニックが進んでいます。個別相談、個人情報守秘など、患者さんに寄り添ってインターネットを上手に活用されて医療と経営を考えられている科目だと思います。お手本です。この考え方は大切です。様々な科目で開業される先生を何名も見てきましたが、美容形成外科を除いて、継続されていて存在感のあるブログを蓄積されている!と強く確信させられる先生は、ある経営者の先生で1名だけでした。医師の人材紹介の時にお会いさせていただく機会がありました。地元に貢献されていて、地元の方々から敬愛され、まさに名士の方です。たった1回だけの訪問で、感じの良い、穏やかなお人柄も含めて十分に伝わってきました。その様な先生はお会いしてもファンになってしまいます。そしてブログの内容も、地元への思い、医療業界の発展にほとんど休みなく奔走される毎日、ちょっと次元が高くて庶民には・・・??というように感じられてしまう様な、日本の国家単位で結構上級な医療系の会議を少しでもわかりやすく伝えたい!という努力や思いが読み取れます!知る人ぞ知る有名ブログだと思います。きれいな航空写真が多いですねw。おそらく、想像出来た貴方は、ズバリ、当たっています!スゴイ!笑!

開業意思開示はなるべく早く!

開業退職の意思は勤務先の病院にとにかく早く伝えましょう。正々堂々と宣言しているほうがお互いに気持ちよく接しやすいです。『あの先生開業しちゃうんだよね~、参った、残念!』と気持ちよく理事長先生や事務長さんに言わせましょう!ここで正々堂々と経営者の意識スイッチを入れる(スイッチの存在に気付く)事が開業の第一歩、経営者センスです。気が引けてモゾモゾしている間は、既に開業医出遅れです。

開業の現実

開業時は資金繰りの為に、当直のアルバイトをされる先生 や 開業後にご自身で大病を患われてクリニックを一時閉院して療養され、完治して再開する時には競合クリニックに患者さんが・・・!だから、再び、当直のバイトと自分のクリニック運営という二足のわらじ生活に戻ってしまう医師などのケースも現実に見て来ました。医師アルバイトご紹介のお手伝いもしていました。また、精神科のクリニックであまり処方しない方針の先生で運営が苦しいクリニックなども見て来ました。尊敬できるのですが、日本の医療制度でもっと発展が必要な部分だと思います。

専門に特化して開業をされ、こだわりが強すぎた様なクリニックも見てきました。患者さんが救われる選択肢が増える事は素晴らしい事だと思いますが、認知度、宣伝が難しかったのだと思います。専門特化の度合い/世間の認知度も意識しなくてはならない、経営感覚も求められるところが勤務医から開業にキャリアチェンジをされる時の難しい部分だと思います。

困っている人に情報を提供する

医師が専門科についての見識をブログで述べたり、健康や医療に興味がある方や闘病中の患者さんへの助言などをブログで地道に発信し続ける事で、医師個人の能力や思いや考え方に共感し、信頼してくれるファンが出来ます。開業医が経営者として増患を考える際にベストです。患者さんが多い開業医クリニックは、全体的に院長先生の人としての魅力が髙かったと思います。患者さんを叱る事が出来るくらい信念のある先生や、確定診断の質を高めるために学習熱心な先生など、『私がもし病気になったらこの先生に診てもらいたい!』とはっきり思いました。開業医の院長先生には絶対に必要な磨かなければならない資質です。その様なクリニックは、事務長さんや看護師さんとお話をしているとエピソードを自然に教えてくれる傾向があります。

ニシインターナショナルはWEBも『医師のキャリア』や『医師の人材紹介会社の内部事情』にも詳しい。

代表者は元医師の人材紹介会社のサラリーマン出身という事で、医師のキャリアにはかなり詳しいです。ニシインターナショナルは医師の人材紹介は一切行っておりません。クラウド開発/Wordpress開発などのシステム開発です。当時、ご迷惑をおかけしてしまった先生もいらっしゃいますので、お詫びの意味も含めて医療業界の発展に貢献できればと考えております。 医師の人材紹介会社は、『担当コンサルタントの良心』と『会社から与えられた売上ノルマ』のバランスです。 このくらいストレートに社内で強調する事は少なかったですが、コンサルタントは誰しもが心のどこかに持っています。良心は売り上げの邪魔をします。経営者は売上を求めます。現場のコンサルタントは良心との呵責ですね。

私の場合、医師求人の選択肢をしらみ潰しに提示してひたすら待つ!というスタイルでした。先生の人生だから!というのもありますが、患者さんの事を考えると『背中を押す』という事は心の呵責で一切できませんでした。紹介会社の経営層から見ればじれったい営業だったと思います。

静岡県西部の開業コンサルプロフェッショナル 株式会社タイガアソシエイツ さんも出身の業界は異なりますが、同じように良心の呵責で独立起業から始まった会社の様です。

感謝

最後に、ここまで読んでいただき本当にありがとうございました。 弊社は、技術者不足にて皆様のご依頼(ニーズ)に対して開発案件を数多くこなす事が出来ておりません。申し訳ありません。技術者育成には2015年より動いておりますが、失敗も多く、時間がかかる為、まだまだこれからです。クラウド開発/機械学習/ワードプレス開発の即戦力、歓迎します!! 現状、弊社ホームページのWEB上のお問合せフォームもしくはニシインターナショナルのフェイスブックページへのメッセージからのお問合せのみに初期コンタクト対応をさせていただいており(遅くなっても必ずお返事させていただきます)、初回の固定電話への電話問合せには、大変申し訳ありませんが応じておりません。必要度に応じて、担当者の携帯番号を直接クライアント様へお伝えしております。

海外のクライアント様でもスカイプやTeamViewerを使って打ち合わせを行っておりますが、無線ではなく光回線の有線LANを推奨しております。Pocket wifi などは不安定ですので避けていただきます様にお願い申しあげます。

コメントを残す