kusanagiでSFTPのFileZilla接続、Basic認証を設定するファイルの場所

kusanagi-ssh-login

kusanagiでTeraTermやGitbashでtarやらgzipやらをrootで使うのではなく、SFTPのFileZillaする方法です。小規模ワードプレスサイトの引越などの際は便利だと思います。

Azureで仮想マシンをプロヴィジョニングした時のユーザーでkusanagi仮想マシンに接続し、ユーザーkusanagi向けのkusanagi.pemをダウンロードする、

/home/プロファイル名/kusanagi.pemもしくは/root/kusanagi.pemをダウンロード。

仮想マシンのユーザーkusanagiの秘密鍵ファイルでWindows10でFileZillaの場合、.ppkに変える必要が有ります。

そのままFilezillaで使おうとすると、Filezillaから変換の啓蒙が発せられます。

Filezillaで鍵変換画面が出てきたら、kusanagiユーザーのパスフレーズを入力し、kusanagipem.ppkなどの名前を付けて.ppkの鍵ファイルとして新たに保存。

※Filezillaでは啓蒙文章に「パスワードを入力してください」と出てくるが、パスフレーズの事なので要注意。

改めてkusanagiユーザーでFilezillaのSFTP接続を.ppkファイルで行うとkusanagiディレクトリの各種プロファイル内のファイルに接続できる。

これでwordmoveなども使えますね。

Basic認証を設定するファイルの場所

/etc/nginx/.htpasswd という配置が一般的な様ですが、kusanagiでバーチャルホスト1つに対しては、/etc/nginx/conf.d/プロファイル名_html.confや/etc/nginx/conf.d/プロファイル名_html_ssl.confで設定する。

root権限でやらないと以下、大いなる責任・・・が出てくる。

あなたはシステム管理者から通常の講習を受けたはずです。
これは通常、以下の3点に要約されます:

#1) 他人のプライバシーを尊重すること。
#2) タイプする前に考えること。
#3) 大いなる力には大いなる責任が伴うこと。

[sudo] kusanagi のパスワード:
kusanagi は sudoers ファイル内にありません。この事象は記録・報告されます。

 

ワードプレス/Azure/AWS/kintoneの開発/運用

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください